フジ偏向:花王海外でも大安売り状態?花王デモ・不買効果ありすぎ 主力の洗剤全サイズ特売状態

■アタック全サイズ、マジックリンなど花王の棚ほとんどが大安売り状態

当サイトが9月28日にタイ、バンコクの主力スーパー4店舗に調査をした結果驚くべき事実が浮かび上がってきた。まず、ビッグCランカムヘン店2階では花王製品の洗剤コーナーの棚がほとんど赤札(特売品)になっていた、主力のアタックに至っては全サイズに特売がかかっており、花王製品ほぼ全種類、特売で真っ赤かでした。バンコクに4年近く住んでいるがこんな全種類特売になっている状態を今まで見たことはない。スパー勤務歴5年の知人の話では「全サイズに特売がかかることなどまずないし、そんなのは見たことがない」と語っていた。また、洗剤のエンドコーナーではアタックが山積み状態だった。

ロータスエキスプレスでは、広告が張り出されておりアタックが広告の品になっていた。また、トップスアソーク店では、他社の洗剤にも特売がかかっていたものの、アタックに至っては他社洗剤が200数十バーツであるのにたいし、190数バーツなど百の位を一つ下げるほど強烈な特売価格になっていた。同店では花王のエクストラダメージケアシャンプーがエンドに販売促進什器を使用して出ておりこれも花王なのでうっかりものの人は注意が必要だ。

日系でイオン系のマックスバリューでは、従来雑貨等の特売は行わないためか洗剤の特売は見られなかった。しかし、雑貨の棚に花王の輸入商品が並んでいるので気をつけた方がよい。

34824b70-s

■不買の影響海外でも?

タイで反日番組のスポンサーで国民による不買運動がつづく花王は、お客様にたいして企業としてあり得ないようなひどい対応を行ってきたことはYoutubeなどで音声が出回っていおり非常に有名である。また、花王は、一般国民による抗議のデモが本社前や日本各地で頻発しているフジテレビの主力スポンサーでもありJAP18など不祥事のつづく同局に大量の資金を広告費として流している。

ネットの情報では、一部ドラッグストアなどで花王の売り上げが約1割さがり、またPOSデータ(日経テレコン21 マーケティング版)によると不買運動が開始された時点で31.2%あったマーケットシェアが、”花王第2四半期売上げ4%アップ大販促”が行われていたにもかかわらず9/12-9/18には26.4%まで低下している。以上の情報から見ても今回の大規模特売が日本の不買を受けて始められたと考えてもおかしくない。

海外では情報をインターネットで集めることが多くこの花王不買運動が海外在住の邦人にまで拡散する可能性は高いだろう。特にタイで花王が反日番組のスポンサーだったこともあり、私の周りの在タイ日本人の間でも花王への印象は極めて悪い。

今回の大規模特売が一時的ななものかどうかは分からない。しかし、これから現地スーパーの動向を注視することによりそれは、明らかになることであろう。なにか現地で動きがあれば随時報告したいと思う。

限界メソポタミア

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック